【投資初心者必見】一般口座と特定口座の特徴と違いを解説します!

投資

これから実際に投資を始めたい」というような人で、証券会社に口座を開設しようとすると、どのような口座にするのかを選ぶ必要があります。

そこで戸惑うことがないように、それぞれの口座にはどのような特徴があるのかを知っておきましょう。

読者の悩み
・一般口座と特定口座の違いは?
・結局どっちがおすすめなの???
このような悩みをお持ちの方が多いと思います。
この記事を読むことで
・一般口座と特定口座の違いについてわかる
・どちらを選択すればいいのかがわかる

結論から言いますと、

投資初心者には、特定口座がおすすめです!

一般口座と特定口座の違いとともに、その理由を解説していくので見ていきましょう。

一般口座と特定口座の違い

一般口座は1種類ですが、特定口座には「源泉徴収あり」と「源泉徴収なし」の2種類に分かれます。この2種類の違いは、確定申告を自分でする必要があるかないかです。

下の表を見てみるとわかりやすいかと思います。

 

引用:楽天証券

 

年間取引報告書とは、1年間に行った取引をまとめた書類のことです。こちらは確定申告を行う際に添付する必要があります。

特定口座なら年間取引報告書を証券会社が作成してくれるので、確定申告をするときには書類に書かれた金額を入力するだけで完了です。一般口座では年間取引報告書を自分で作成しなければならないので手間がかかります。

特定口座の源泉徴収ありを選択すれば、利益にかかる納税も証券会社が行ってくれるので、投資家がやることは基本的にありません。

実際に、私は「特定口座」とつみたてNISAの2つの口座を活用しています。

 

【国や政府が推奨】つみたてNISAの特徴や注意点をわかりやすく解説します
最近は様々な場所で「つみたてNISA」という言葉を目にしたり、耳にするかと思います。 今日では投資を始める人も多くなってきており、投資が世の中に浸透してきている印象です。 「つみたてNISAが良いって聞くけど、投資って怖い」という方...

 

初心者には特定口座がオススメ

今回は、これから投資を始める人や初心者向けに、一般口座と特定口座の特徴と違いについて解説してきました。

 

・特定口座は、2種類に分けられる
・初心者は特定口座の「源泉徴収あり」を選択
→確定申告の必要がない
この通り、一般口座は年間取引報告書の作成と、確定申告を自分でやる必要があるので、初心者の方は、証券会社が代わりにそれらを行ってくれる、特定口座の「源泉徴収あり」を選択しておけば大丈夫です。
証券口座をまだ開設していないひとはこちらをご覧ください。
未経験の方を完全バックアップする口座「5分で解説・楽天証券で口座開設する方法」
今回の記事では「投資初心者でも安心して使える楽天口座の開設方法」を5分で解説します。 「これからネット口座を開設して投資デビューしてみたいけれど、安心できる口座とその開設方法をわかりやすく教えてくれるところを探している」というような人...

コメント

タイトルとURLをコピーしました