【過去最高値更新!?】テーパリングが示唆されているなか米国株が上昇しているワケ

投資

過去最高値を更新した米国株ですが、

調子が良い時こそ足元を見つめ直す必要があります。

今回の記事では、テーパリングが示唆されている現在、
米国株が上昇しているワケについて筆者の考えを解説していきます。

米国株はなぜ上昇しているんだろう・・・
この先はどうなっていくのかな?

こういった悩みを抱えている方が対象となります。

現在、米国株に投資をしている方は米国株上昇の恩恵を受けられていることと思います。

しかし、11月に開始されると言われている「テーパリング」の影響はどのようなものなのかと
気になっている方は多いと思います。

 

✓この記事を読むことで

・テーパリングについて知ることができる
・米国株が上昇している裏側を知ることができる

 

逆に、今回の記事の内容を知りながら米国株に投資するのと、知らずに投資するのでは
暴落時に対する心構えや、メンタルの状態も大分違ってくるはずです。

 

✓もし知らない場合

・暴落時に米国株を手放してしまう
・投資先を変更するか迷ってしまう

こういったことになってしまう可能性があります。

テーパリングとは

 

テーパリングとは、中央銀行が超金融緩和状態から抜け出すために採用する出口戦略の1つ。

「Taper」は英語で「先細り」や「徐々に減少していく」というような意味があります。

つまり、徐々に金融緩和状態を引き締めていきましょうということです。

理論上、テーパリングを実施することで、株価は下がるとされています。

 

それでも米国株が上昇している理由3選

①先の見通しが持てたこと

相場は未知数(情報が定かでない状態)であることを1番嫌います。
→その結果下落する。

 

しかし、米FRBがテーパリングを11月から開始するということを発表しました。

 

11月から始まるという見通しがついたことで株価にいい影響をもたらし、
→結果、相場は落ち着くといった考え方です。

②株価上昇材料と捉えたこと

2つ目の考え方として、

・テーパリングは経済を縮小させる原因
・米経済が好調なため、テーパリングが行える

といった2つのどちらの考え方をするかということです。

 

最近、米国株が上昇している理由として、後者の考え方から

株価上昇材料と捉えた

というように考えられます。

 

※裏を返せば、逆の見方をいつするかわからないため、株価が下落する場面が来る可能性は高いです。

③最高値から下落した分を戻しているに過ぎない

3つ目の推測として、

過去の最高値から下落した分を戻しているに過ぎないという考え方です。

 

しかし、この記事を書いたのが2021年10月20日で、先日(2021年10月22日)にS&P500の指数などは過去最高値を更新しました。

 

そのため、この推測は嬉しい誤算であったということになりますね。

 

やはり米国株は、大きな可能性を秘めていて、これからも長期的に右肩上がりで資産を増やして行けると考えます。

 

長期投資なら米国株は最適解

今回の記事では、テーパリングが示唆されている中、現在米国株が上昇しているワケを解説してきました。

 

・主に3つの推測ができる
・いつ下落相場に転じるかわからない
・長期的にみたら米国株は右肩上がり

 

少なからずテーパリングの影響を受けて、これから米国株が下落する可能性は十分考えられますが、
それでも今までの米国株の実績とこれからの可能性を考えれば、長期的に右肩上がりで推移していくはずです。

 

私は、たとえ米国株が一時的に下落しようが、愚直に米国株を積み立て続けていこうと思っています。

 

自分が納得し、信じられる投資先を選んで資産形成していくことが1番です。

 

投資はあくまでも自己責任で行いましょう。

 

これから投資を始めようと思っている方は、こちらから口座開設が行えます。

未経験の方を完全バックアップする口座「5分で解説・楽天証券で口座開設する方法」
今回の記事では「投資初心者でも安心して使える楽天口座の開設方法」を5分で解説します。 「これからネット口座を開設して投資デビューしてみたいけれど、安心できる口座とその開設方法をわかりやすく教えてくれるところを探している」というような人...

コメント

タイトルとURLをコピーしました