【上級者向け?】短期投資のメリット・デメリットを解説【資産形成】

投資
短期間で大きな利益を得られるに越したことはないですよね?
そんな投資家の願いに応えることができる可能性を秘めているのが短期投資です。
私自身は、長期保有・長期投資を投資スタイルとしていますが、
今回は、短期投資にフォーカスを当ててご紹介していきます。
✓読者の悩み
・短期投資のメリット・デメリットを知りたい!
・短期投資はどういった人向け?

このような悩みに答えていきます。

✓この記事を読むことで
・短期投資のメリット・デメリットがわかる!
・自分に合っているかどうかがわかる
長期投資をしている私が、インプット・アウトプットを含めて、短期投資のメリット・デメリットを解説していきます。
しそ
しそ
短期投資は難しい?

 

短期投資のメリット・デメリット

短期投資のメリット

短期間で利益増加の可能性がある

短期投資のメリットとして、短期間で成果を上げられる可能性があるという点が挙げられます。

市場では日単位だけでなく、分単位で価格が変動しているため、短期間で売買を行うことにより、

利益を上げられる機会がたくさんあるのです。

ただし、正確に市場の変動を読む必要がありますが。

その点も含めて上級者向けの投資手法ではあります。

 

少ない資金で大きな利益を得られる

長期投資は長期的に運用していくものなのに対し、短期投資は相場の動きを読みながら

短期間の間に売買を繰り返します。

そのため、少ない資金で利益を獲得できる可能性が高いです。

 

短期投資のデメリット

常に相場の動きを見る必要がある

用:CROUD ANSWER

上の図からわかるように、短期投資は長期投資に比べ、チャートを見ながら専門的に売買の判断を

していく必要があり、企業の様々な要素から、短期間での価格変動を捉えて利益を狙うものです。

そのため、日中は基本的にパソコンに張り付き「自分の儲けがどのくらいに膨らんでいるか」や、

損をしている状況で、いつ売却すればよいのか」といったようなことを気にしてしまいます。

基本的にこの短期投資は、日中に十分な時間を確保できる人向けです。

 

相場の動きを読むのは難しい

相場の動きを読むためには、企業の業績や将来性を加味し、投資判断する必要があります。

そのためにも世界の情勢に常にアンテナを張り、情報に敏感であることが必須となります。

さらに、豊富な情報量に加えて、実際に実戦経験を踏みながら勘を磨いていかなければなりません。

プロの投資家でも相場の動きを完全に読むことは不可能なので、上級者向けの投資手法と言えます。

 

まとめ

今回は、短期投資のメリット・デメリットについて解説しました。

・短期間で大きな利益を得られる可能性あり
・相場の動きを読む必要がある
・上級者向けの投資手法である
短期投資は、相場の動きを常に見ている必要があるので、十分な時間を確保する必要があります。
また、相場の動きを読む力が必要不可欠なので、投資初心者には難しい手法と言えます。
自分に合った投資手法を模索しながら、資産形成を楽しんでいけるといいですね^^

コメント

タイトルとURLをコピーしました