【比較】投資における「入金力」の重要性をデータを使いながら解説します

投資
投資における大事な要素は「入金力」です。
後ほど説明しますが、投資は入金力の強い人が有利であるということは間違いないです。
確率の高い商品に投資しながら入金力を高めていければ、目的達成までの時間を短く資産運用していけます。
✓読者の悩み
最短でより多くの資産を築きたい・・・
このような悩みに答えていきます。
✓この記事を読むことで
投資において重要な入金力について理解できる

結論から言います。

投資でなるべく早く資産を増やすために大事な要素として、「入金力」がかなりのウエイトを占めるのです。

今回の記事では、実際にシミュレーションを使いながら、入金力の重要性を解説していきます。

入金力の強さ

最短で資産を増やしたいのであれば、実は「入金力」がかなり重要な要素を占めています。

実際に、楽天証券の積立かんたんシミュレーションを使いながら見ていきましょう。

最終目標金額を1000万円に設定し、年率5%のリターンを見込んだ場合の結果です。

※あくまでもシミュレーションですので、この通り順調にいくとは限りません。

上の図は、積立額を30000円/月にした場合の運用結果です。

こちらは目標達成までに17年5か月という期間を要します。

しかしながら、長期投資の最大の強みである「複利効果」がきちんと働いており、運用収益が約370万円となっています。

【複利効果の力】長期投資をするメリット・デメリットは?【資産形成】
コツコツと積立投資をして、「確率の高い勝ち」を目指しませんか? 投資スタイルはその人、個人個人によって多種多様だと思います。 そこで、短期投資と長期投資とで色々と意見が分かれていますが、 私は長期投資を推奨しています。今回...

 

こちらの図は、積立額を100000円/月にした場合の運用結果です。

30000円/月の時では、目標達成までに17年5か月かかっていたのに対して、

100000/月の場合は約10年も早い、7年という期間で目標達成という結果が出ましたね。

このシミュレーションの結果を見て、「入金力」の重要性がわかっていただけたと思います。

投資は、「入金力」の強い人が有利というのはこういうことです。

入金力を高めるために

では、実際に入金力を高めるために大事な二つの要素を見ていきましょう。

収入を増やす

今ある収入を増やすことができれば、余剰資金も増え、投資に回せる金額が増えます。

例えば、毎年5%の資産所得が入るとして、投資額1万円の場合のリターンは300円。

投資額が1000万円ならリターンは30万円とかなり大きな差が出てきます。

この通り、生活費<資産所得という状態を作ることができれば、目標達成までの時間がかなり短くなります。

副業が難しいという方は、転職といったやり方もあります。

支出を下げる

すぐに収入を増やすことは難しいですが、支出を下げるということはすぐに実践できるものです。
例えば、
・固定費の見直し(水道・ガス・電気代、携帯料金)
・保険の見直し
・食費の見直し
・飲み会の頻度の見直し
こういったことが挙げられると思います。
携帯電話を格安SIMに変えることで、5千円近く節約できますし、毎日の昼食をコンビニから自炊に変えられることができれば、約1万円ほど節約できますね。
まずは、支出から見直していきましょう。

入金力は目標到達までの時間を早める!

今回の記事では、投資において「入金力」の重要性について解説してきました。
・投資において入金力はかなり重要
・入金力を高めるには2つの要素を意識
・「収入を増やす」「支出を減らす」
自分のリスク許容範囲の中で、入金力を高め、経済的自由を掴みましょう^^

コメント

タイトルとURLをコピーしました